読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苫米地式コーチング 認定コーチ 萩生田ブログ

苫米地式コーチングを解説していきます。読むだけでコーチング理論への理解が深まり、エフィカシーが高まります。

現状の内側に解決策はない

苫米地式コーチング、タイス式コーチングでは、ゴールを現状の外側に設定するのが鉄則です。

TPIEのユニット11「現状を超えたゴール設定」にあたる部分です。

 

ゴールは現状の外という縛りがあることが、他のコーチングとの最大にして最重要の違いです。

 

ゴールを現状の内側に設定すると、現状の中での最適解を脳が見つけ出そうとします。

 

ここで一つ質問ですが、あなたはどうしてコーチングに興味を持ちましたか?

 

現状が苦しくて、どれほど考え抜いても答えがでなくて、コーチングにたどりついたのではないでしょうか?

 

現状の内側に答えがあるのなら、とっくにその問題は解決しているはずです。

いまはわからない、見つけることができない、解決策を見つけることが目的のはずです

 

夢は大きい方が良い!みたいな抽象的な話ではなく、具体的な解決策を見つけるためには、どうしても、ゴールを現状の外側に設定する必要があります。