苫米地式コーチング 認定コーチ 萩生田ブログ

苫米地式コーチングを解説していきます。読むだけでコーチング理論への理解が深まり、エフィカシーが高まります。

楽しんだ人の勝ち

何か一つを「極める」ためには、どうすれば良いでしょうか。

一つのことを長時間、長期間にわたって続けることができれば、ものすごく得意になりますよね。
それがやりたいことであれば、創造的回避も起きません。
むしろ創造性がプラスに発揮されて、さまざまなアイディアが出てくることでしょう。


多くの人が、やりたくないのに長時間かつ長期間やっていることがあります。

それは仕事です。

やりたくないのにやっているということは、本当はやる必要がないと無意識が感じているということです。
やる必要がないのであれば、できるだけ手を抜いて、エネルギーの消費を抑えるのが理にかなっています。
努力で無意識の働きをコントロールするできる人以外は、パフォーマンスが下がるのを防ぐことができません。

やりたいことを仕事にするのが有利な理由はそこにあります。

そんなに世の中甘くないという人もいますが、本当でしょうか。

やりたいことができるようになる行動をとっていますか。
明日、できることはないかもしれませんが、1年後ならどうでしょうか。
少しずつ準備をして、3年後ならどうでしょうか。

 

できると思うところから、すべてが始まります。

 

苫米地式認定コーチ萩生田

セッション依頼はこちらから