苫米地式コーチング 認定コーチ 萩生田ブログ

苫米地式コーチングを解説していきます。読むだけでコーチング理論への理解が深まり、エフィカシーが高まります。

コーチングを受ける意義

コーチングを受ける意義について考えてみます。

 

苫米地式コーチングは基本的に高額です。

月1回半年間のセッションで数十万円が普通です。

そこまでのお金を払ってまで受ける価値があるのか?と普通は思われるでしょう。

コーチングを受けるメリットとしては以下が考えられます。

 

1、正しいマインドの使い方を学べる

苫米地式コーチング認定コーチは、マインドの正しい使い方について徹底的に学んでいます。本を読むだけではなかなか実践できなかったり、理解できない部分についても、体感レベルで詳細に教えてもらうことができます。

 

2、エフィカシーを高めてもらえる

一般に、コーチングマインドを持った人はまだ少数です。

コーチングマインドを持っていないということは、あなたの過去からしかあなたを判断しない、できないということです。高い目標を目指すあなたを見て、自分のコンフォートゾーンを乱されたと感じ、引きずり下ろそうとする人も少なくはないでしょう。

そうしたドリームキラー達と戦いながら、現状の外側の高いゴールを目指すのは簡単なことではありません。

目指すゴールが高ければ高いほど、孤独な戦いを強いられることになります。

コーチは100%あなたの利益だけを考えます。

あなたの可能性を心から信じ、応援するのが仕事です。

正しいコーチングマインドを持ったコーチに応援してもらえる。

それだけでも、とんでもなくエフィカシーは高まります。

 

3、スコトーマ(盲点)を外してもらえる

一人では見えなかったスコトーマも、抽象度の高い視点を持ったコーチなら外すことができます。

もともと人間が二人いれば、それぞれ見ている世界は全く違うわけですから、互いのスコトーマに気付くことはあります。

しかし、あなたの利益だけを考えて、なおかつフラットな視点からスコトーマを指摘するのは、コーチでなければ難しいでしょう。

本人が気づいていないゴールへ近づく視点を与えるのがコーチの仕事です。

 

4、ゴールを見つける手助けをしてもらえる

ゴールを見つけることは容易いことではありません。

ゴールを設定したとしても、過去の価値観から抜けだしていないことが大半です。

過去の価値観とは、社会から埋め込まれた価値観です。

仮に現状の外側にゴールを設定して臨場感を上げる。価値観が変わり、スコトーマが外れる。さらに別の現状の外側のゴールを目指す。これを繰り返すことで、「心の底から自分自身が望むゴール」に近づくのが苫米地式コーチングです。

コーチは、クライアントのゴールをより抽象度の高い方向へ誘導します。

社会の価値観から抜け出し、自由な意思を持った人になれるように導きます。

 

私自身、コーチングを受けて、リアルタイムで変革を繰り返しながら前進し続けています。

短期間で圧倒的な自己変革をしたい人は、認定コーチのコーチングを受けてみることをおすすめします。